栗田表装様/表具師というお仕事

栗田表装様のサイトを公開しました。
宇都宮市下田原町の表具師さんのサイトです。

栗田表装

「表具」という言葉、最初は意味すら分かりませんでした。
たくさんの資料をお借りし、現場での作業風景を見せて頂きながらの撮影・・・
薄く紙をはがし、表装・復元される書や絵画。
たくさんの生地や紙から、その書や絵画、そして飾られる部屋の雰囲気に合うものをセレクトし完成させます。

  栗田表装

表具師の仕事は「技」はもちろん、この生地・紙をコーディネートすることも大切。とおっしゃってました。
栗田表装様の店舗内には、多くの和紙、多くの生地が置かれていて、その生地も正絹の素晴らしい柄の数々・・・

歴史あるもの、高価なものかはともかく、これらを大切に残していきたい気持ち。
この表具と「人」がどんな思いで作成し、どんな時間を過ごしてきたかを大切にし、現状をより長く保ち、そして次の世代にまた再生できるような表装をすること。
長い歴史を越えた仕事だと感じました。

栗田様の手掛けるものは、書道展や個展用の絵画などもあり、表具が少し身近に感じるものも多くありました。
住宅の壁紙・内装なども取り扱っています。

これまで、実家にある掛軸もじっくり見ることはありませんでしたが、最近は見方が変わりました。
「この掛軸の書は、これを大切にしたいと思うご先祖が作ったものなのか、それとも譲り受けたものなのか・・・」
表具にはたくさんの人の歴史と思いが込められている、そう思うと「大切にしよう」という気持ちになれました。

-----------------------
今回、更新が必要なコンテンツにオリジナルの更新プログラムを導入しています。
特に、日々お忙しいお客様のために、トップページのインフォメーションはPC・スマホからでも編集が可能な、フォーム形式で気軽に書き換えて頂けるものとしました。

写真はフォトスタジオアパートメントの吉成さんにお願いしました。
とってもお世話になっています。
(一部、撮影以外の素材も使用しています)

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

search this site.

others