そば処一休様パンフレット

そば処一休様のパンフレットができました。
少しでもお蕎麦の魅力が伝わると良いな・・・と思います。
一休さんは東京、千葉などの遠方からいらっしゃるお客様も多く、また高原山の整備にも尽力されていて、本当に山を愛するご主人なんだと実感します。パンフレットには、ご主人のたってのご希望で高原山の写真も入れてあります。そば処一休様パンフレットZ折
不思議なもので、一休の十割そばに食べ慣れると他のお店に行かなくなるんですよね。
ご主人の話を聞くと、私と同じようなことを言うお客様がけっこういらっしゃるそうです。

私はいつも大盛りを食べるので、撮る写真もみんな大盛り。
当然、パンフレットに掲載した写真も大盛り。
メニューの欄にはさすがに但し書きをさせていただきました。

カプチーノ

今日は私の自宅のキッチンで(合)とちぎ地域力ブランド研究所様の追加撮影。
撮影の合間に、バリスタ橋本さんにグアテマラとカプチーノをいただきました。
写真はカプチーノ。アレンジも和の器もすてき。
バリスタ橋本さんのカプチーノ
実はカプチーノって怖かったんです。
このミルクの泡の中から熱いコーヒーが口の中のヤケドを引き起こす・・・・。過去にカプチーノを飲むと必ずヤケドしていましたから。
「これ、このまま飲んでいいんですか?」
と聞いてみました。不思議そうな顔をされ・・・。
でも飲んでみてその理由が分かりました。あの、びっくりするような熱いコーヒーがミルクの泡のなかから出てくるのかと警戒していたのに、熱いものの程良い温度に設定されたコーヒーが・・・。
「へー!!!熱くない!!計算されてるんですね!!」

思えば、バリスタさんにカプチーノを淹れていただいたのは初めて。しかも自宅で。
飲む人のことをこんなにも考えたコーヒーをいただけるなんて幸せ〜。

スローフードラボ

本日はスローフードラボというサイト名称で立ち上げを目指す、(合)とちぎ地域力ブランド研究所様の撮影。
栄養士でスローフードを得意とする料理研究家の大塚美恵子さんの料理が並べられました。
おいしそう!本当においしいんです。
スローフードラボ
そしてヘルシー。
手前のコロッケ、これはおからクリームコロッケ。具の多くは「おから」です。
食べてみると最初の食感は、衣のサクサク感を具のおからが引き立たせるような不思議な食感。
噛んでみるとホワイトソースのクリーミィが後からやってきます。もちろん、低カロリー高タンパク。
そして右奥に小さく写るガスパチョ。
大塚さん自慢のトマトピューレをそのまま盛りつけ、にんにく、たまねぎ、きゅうりをそれぞれみじん切りにしてトッピングしただけのもの。でもこのピューレが濃くておいしい♪
適度な塩分がガスパチョにぴったりです。

今回、大塚さんの開発・プロデュースしたドレッシングやソース、飲む酢(NOMUSU)などネット販売する方向で制作に入ります。ブログで公開する予定の、ヘルシーレシピも超期待ですね。

高原プロフェッショナルファイル

当初、縦書きのデザインのものを公開しましたが、縦書きに変換される際のちょっとした不安定な動きが気になり、また今後の更新や記事の追加等の利便性を考慮し、公開して間もないのですがデザインを一新しました。
下記は京友禅染作家 小島秀雄さんの紹介ページです。
ブック型デザイン

ブック型デザイン
上記は高原プロフェッショナルファイルのインデックスページです。
矢板市・塩谷町の各業界のプロフェッショナルをご紹介していきたいと思います。
JQueryのBookletというプラグインを使用しています。
定型の写真とテキストで成り立っています。

Takahara Professional File

高原山麓活性化委員会の地域資源巡りツアー(人編)に参加させていただきました。
今回は友禅染作家 小島秀雄さん。
そう、私は小島さんの工房を拝見するのは2度目です。
また今回より、このツアーの人編の情報をご提供いただき、Takahara Professional Fileとして、YaitaSaitaの方でご紹介させていただきます。

以下がTakahara Professional Fileの一人目、小島秀雄さんのページです。
縦書きを採用してみましたが、表示されるまでの動きに若干疑問が残りますので、近々デザイン変更を検討しています。
幻になるかもしれませんので、キャプチャをとっておきました。
縦書きのレイアウト
高原山麓活性化委員会とは、名称の通り高原山麓地域(矢板市・塩谷町)の活性化を目的とした団体で、「みんなが生き甲斐と充実感を持てる、笑顔あふれる楽しい郷をつくります」という活動理念を掲げています。(他2項目あり)

私も今年度より委員として参加させていただきます。
毎回こういった「良い刺激」を受けられて、またサイトで紹介することでお役に立てればうれしいな・・・と思っています。

栃木県塩谷町の友禅染作家 小島秀雄氏

風だよりさんへ向かう塩谷町、県道63号線沿いに赤の「京友禅」のノボリ。
何度も訪れてみたいと思いながら、行けず。
 一度は工房の前まで車を付けたものの、声をかけられずにいた「友禅染作家」の小島秀雄さんの工房へ今日、お邪魔させていただきました。
印象は気さくで謙虚な方・・・。
栃木県塩谷町の友禅染作家 小島秀雄氏
写真は小島さんの作品の一つです。
額縁に納められています。
元となる原画(?糸目というそうです)から全ての工程を小島さんの手で仕上げるそうです。
もちろんこの写真のデザイン・構成全て小島さんの作品です。
染める生地、質感、グラデーションなど全て仕上がりを計算したもの。

写真を撮らせていただきながら、「作品をアップにしたり、大きく紹介しても大丈夫ですか」と聞いてみました。NGだと思いきや
「どう使ってもらっても構わないですよ^^ 真似しようと思ってできるものでもないですし。」
この言葉に、職人さんの誇りと自信を感じました。

小島さんの作品は、写真では半分も魅力が伝わらないかも知れません。
色々な角度から見て、光を当て、触って・・・手にとって初めて分かる魅力。
私は染物などには全くの素人ですが、小島さんの美しい作品に、どう表現したらよいか分からない感動をいただきました。

色や絵柄などご希望を伝えると、小島さんのセンスでデザインし着物として誂えていただけるそうです。世界でたった一つのオリジナル・・ですね。成人式の着物やお節句の贈り物にご注文いただくことが多いそうです。

工芸染匠 小島
友禅染作家 小島 秀雄
〒329-2211 栃木県塩谷郡塩谷町鳥羽新田246
電話・ファックス 0287-45-2384

COEX.ホームページをリニューアルしました。

COEX.ホームページをリニューアルしました。
トップページでは、矢板での日常生活の中で出会った「おいしいもの」「たのしいこと」などの写真を紹介していけたらと思っています。
COEX.トップページ
COEX.お問合せフォーム
COEX.制作実績

バリアフリー鉄道農園「風だより」様のホームページを公開いたしました。

バリアフリー鉄道農園「風だより」
バリアフリー鉄道農園「風だより」様のホームページを公開いたしました。
栃木県塩谷町の標高750mの高原にある、個性的なログハウスのレストラン。
尚仁沢と同じ水系のおいしい水で淹れるコーヒーや紅茶は本当においしく、料理も本格的。
県内外で評判です。
是非一度足を運んでみて下さい。お水を持ち帰ることもできますので容器を忘れずに。

工場見学No.2

再び株式会社トーセン様の提携工場を拝見させていただきました。
今日は群馬県渋川市。伊香保温泉で有名なこの土地に、株式会社トーセン様の提携工場「群馬県県産材加工協同組合」が試運転を実施しています。
試運転と言っても既に搬入されている丸太の山。
 県北木材共同組合
こう見るとまるでエンピツみたいだけど、実際の丸太は長さ3mでけっこう大きい!!
ごろごろと積まれたこの光景も迫力があります。
この工場は、いままで活用できずに山に捨てていた木材も活用できるのだそうです。
「木は捨てるところがない」という社長、スゴイ。
曲がっているものや、細いもの、短いものまで資源として活用できるそうです。
これって、自宅の庭から出るような枝や木屑も資源として活用できるということ?まさにその通りだそうです。
震災の影響もあり、今後は木材の需要が高まると思いますが、その生産現場においても「捨てない」というポリシーを貫き、安定供給を実現する・・・スゴイ。
スゴイ、スゴイの連続な工場見学でした。

県北木材共同組合

今日は那須塩原市の県北木材共同組合様へ。
株式会社トーセン様のグループで国産の杉・ヒノキから集成材を生産する拠点だそうです。
製材工場のイメージというと、木屑が散らばって雑然としているのかと思っていましたが、明るくきれいで広々。
 県北木材共同組合
工場の機械はシステム的だけど、見ていて飽きないのはなぜでしょう・・・。


calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

selected entries

categories

archives

search this site.

others