チョークアートMILI様 グラスに入るミニリーフレット


A6サイズのミニリーフレットはおすすめで人気です。
縦に折ってスリムにすればグラスに入れておけるので、どこか店舗に置く場合でも場所をとらずに便利です。

チョークアートMILI様

折った一面を、名刺のようにするのが特におすすめです。
お財布に入れて持って帰ってもらえるコンパクトサイズなので、バッグの中で邪魔になりません。

こちらは矢板市のチョークアートMILI様。
おしゃれなカフェなんかで良く見かけるアレです!!

表面は落ちないように加工されているので、チョークのあたたかい雰囲気はそのままで
きれいに残せます。

チョークアートMILI
090-3906-2778
E-mail  chalkmili@yahoo.co.jp
http://ameblo.jp/chark-mili/
 

ムラカミインテリア様会社案内用リーフレット



暮らす家具。

人が家具と暮らすのではない、家具が人と暮らす。

ムラカミインテリア様

「家具」を選ぶのではない。
すでにそこにある、家具。

今の私が選ぶ家具を、息子が、孫が当たり前のように使う。
イメージしたのはそんな家具です。

-------------------
代々受け継がれ、大切に愛される家具
全ての家具に心を込めて
-------------------
 

ハッピーボイス様/声と言葉を心地よく届ける

宇都宮市のハッピーボイス様のパンフレットができました。

やや強めでスモーキーなピンク、そして強くて心地の良い言葉。
「言葉」と「声」を職業とするのハッピーボイス様のイメージを想像しながらのデザイン・言葉の構成ではたくさんの「気づき」をいただきました。

株式会社谷口建設/男女それぞれの目線でつくる注文住宅(栃木県矢板市)

「声」に「言葉」を添える
という表現がとても素敵だったので、表紙に。

司会・MCと聞くと、とても「強い女性」という勝手な先入観がありましたが、
代表の山口様はとてもエレガントで奥ゆかしい、やわらかな女性。

内側にプロフィールがあるのですが、「話すことは聴くこと」から始まる言葉の通り、
相手を思いやる、伝える、その奥深い意味を、
山口様にお会いするごとに、考え改めることができる気がします。

----------------
私が過去に勤めていた会社のことを思い出しました。
お客様と電話で対応することが多かった当時、
上司に教えていただいたのが「声で表現する」ということ。
「申し訳ございません」の言葉に、気持ちを込めること。
「心から詫びてもらえた」と思えたら、たとえクレームでも納得して下さるお客様は少なくない。

20代前半、当時はこんなこと考えなかったのに、どうして今頃になって「貴重な経験だった」と
思えるようになるのでしょうか。

-----------------
ハッピーボイス様ではMCの養成講座を開催しています。
その「伝える」技術を多くの後継者に伝授し、司会・MC・キャストとして育て、
組織として活動されています。

MCの養成講座により、同じ気持ち、同じ思いで活躍できるスタッフを育てているのだそうです。
結婚式、イベント、選挙など、様々な場面・様々なお客様に接し、いつでも相手を思いやり、
声に言葉を添え、心を込めて活動する・・・
素敵なお仕事です。
 

谷口建設様/男女それぞれの目線でつくる注文住宅

矢板市の注文住宅、谷口建設様のホームページを公開しました。
とても納得!もっと早く聞けばよかった!と思うお話の内容に、家づくりの難しさ、そして提供する側の思いの深さを感じました。

株式会社谷口建設/男女それぞれの目線でつくる注文住宅(栃木県矢板市)

株式会社谷口建設/男女それぞれの目線でつくる注文住宅(栃木県矢板市)

私自身も、家づくり経験者ですが、
過去に、私がこうしたい!ああしたい!と言っても家族が賛同してくれないのです。
そのことにイライラしたりしていましたが、
「男女だもの、意見が違って当たり前」
と納得な一言をいただいたのです。

谷口建設様の大きな特徴ともいえる一つに、カラーコーディネーターさんがいて、
クロスやインテリアのアドバイスをいただけます。
もちろんトータルでのコーディネートもお願いできます。

株式会社谷口建設/男女それぞれの目線でつくる注文住宅(栃木県矢板市)  


そして、施工例のページでは、細かな気配りの部分を紹介しています。

私が欲しい!と思ったのは、各所に作られた「専用収納」。
洗濯機脇の洗剤棚、キッチン横の調味料棚・・・ここで使うものをここに置く、
ここで使って戻す・・・という動作を考慮した収納。
これなら「片付け」という言葉が要らなくなるかもしれない、動線にフィットした収納の配置。

よく考えてみたら、私が「いい!」と思う収納などは、便利に使えるから魅力的であって、
それを使わない男性目線ではちっとも魅力的ではないですね。
こういうことか・・・
株式会社谷口建設/男女それぞれの目線でつくる注文住宅(栃木県矢板市)

そもそも、男女は家の使い方も、使う時間帯も違う。
一番使うところ、一番のんびりしたい部屋、一番活用したい場所、それぞれの視点で、それぞれの好みでまるで違った部屋を作ったっていい。

家づくりの色々なヒントが得られると思います。
施工例もコンテンツも追加予定の、これから成長するホームページです。

2015年8月29日・30日に、矢板市で完成見学会を予定しています。
お風呂が一番いい位置にある家だそうです!!どんなお風呂だろう・・・(チラシ

株式会社エルシーアール様

株式会社エルシーアール様のトップページをリニューアル&レスポンシブ対応しました。
エルシーアール様の「正しく存続発展する会社へ導く」というコピーから
牽引・リーダー・Revolutionをイメージした背景セレクトと色使い、グローバル感を意識しました。

株式会社エルシーアール/経営コンサルティング/栃木県宇都宮市 LCR Co.,ltd.

トップページでRBCセレクト講座を表示していますので、
今募集中の講座がすぐにチェックできて申し込めるのと、
社長のブログのRSSを表示したこと、コンテンツとしてはこれらが大きな変更点です。

社長のブログのRSSは、スマホ版では右下の部分にあたります。
タイトルだけでも何故かすこし成長できる気がしてしまうほど、たくさんの励ましと学びが詰まっています。

株式会社エルシーアール/経営コンサルティング/栃木県宇都宮市 LCR Co.,ltd.

今回、求人サイトも同時に制作公開しております。
直筆のトップメッセージも是非、ご覧下さい。仕事に対する考え方、求人サイトからもとても勉強になります。

求人案内〜講師・コンサルタント募集/株式会社エルシーアール(栃木県宇都宮市)

求人案内〜講師・コンサルタント募集/株式会社エルシーアール(栃木県宇都宮市)

求人案内〜講師・コンサルタント募集/株式会社エルシーアール(栃木県宇都宮市)

エネルフォーレ50事業案内パンフレット

エネルフォーレ50、那珂川バイオマスの事業案内パンフレットができました。
A3サイズ、3つ折りです。

エネルフォーレ50パンフレット  
エネルフォーレ50とは、製材所を中心とした50km圏内を、林業と各産業、そしてバイオマス発電による電気と、熱エネルギーで独立した経済圏を創造する考え方。
このパンフレットには、発電所の仕組みや活用なども掲載しております。

この構想はすでに那珂川町で始動しています。
 

a.w.s様オフィシャルサイト

那須のシルバーアクセサリー手作り体験の、体験工房「和楽日」〜那須でシルバーアクセサリー手作り体験として直営店の紹介ページを先に公開しておりましたが、今回、a.w.s様のオフィシャルサイトができました。

a.w.s/アクセサリーの手作り体験・体験工房プロデュース・オーダーメイド通販

リカフェ

今回、ワンちゃんのネームプレートのオーダーメイド通販をスタートしています。
彫金でわんちゃんの名前や、電話番号などを刻印するものなのですが、小さくてとてもかわいく、
上品なワンちゃん向けアクセサリーです。
ワンちゃん関連の、ドッグサロン、ドッグカフェなどにおすすめです。

わたしも2頭のワンちゃんと一緒に暮らしていますが、サロンなどでこんなかわいいプレゼントを
もらっちゃったらどんなに嬉しいか・・・・
やはりノベルティーとしての利用が一番のおすすめですが、ワンちゃんオーナーさんと一緒に彫金体験をするのも楽しそうです。

リカフェ
ワンちゃんだけでなく、ワークショップのプロデュースもしていますので、
イベントや行事にショップをプロデュースしてくれることも可能です。

大人向けのアクセサリーや、シルバーリング、バングルなども手作りできる直営店もおすすめです。
 

RECAFE〜那須野が原ハーモニーホールのカフェ&セレクトショップ

那須野が原ハーモニーホールにオープンしたカフェ&セレクトショップ「リカフェ」のミニリーフレットです。
A6というミニサイズ。(↓の画像は縮小しています)
半分に折ってお財布に入れてもらいたいサイズです。

リカフェ
カフェではビジネス利用も歓迎していますので、
平日の打ち合わせなどにはもってこいです。
私もこちら方面での打合せに利用したい!!

チラシやパンフは、バッグの中でぐちゃぐちゃになってしまうこともありますが、
このサイズなら、半分にさっと折って財布にちょうど入るので私もすごく気に入っています。
特に女性向けの、今回のようなクーポン付のものは絶対に財布に入るサイズであってほしいのです。

今回は横に半分に折ってほしいデザインですが、縦に折るパターンも好きです。
手のひらサイズは便利です。

ハーブ&カフェFUTAMI様パンフレット

大田原市、与一の郷より南東の広い畑の奥、入口を大きな木に囲まれたカフェが
2015年8月2日にオープンします。

敷地内で育てているハーブと、近くの養豚場で育っている旨味たっぷりのポークが自慢のカフェ。
ログハウスまでの道のりは、まるでトトロが顔を出しそうな小路。

ハーブ&カフェFUTAMI

私が伺った時はオープン準備の真っ最中。
「試し撮りです」とちょっとだけ嘘をついて、ログハウスの中を撮らせていただきながら
オーナーのフタミさんのお話を伺いました。

そこで聞いた「一杯のお茶」の話。
そしてこのカフェに対する思いと
「こうありたい」という目標。

「おかえり、よく来たね」
「身体に気を付けるんだよ」
「あんまり頑張り過ぎないようにね」
「また顔見せてね」

思い浮かぶのは、おばあちゃんの懐かしい言葉。
いつもそこにいてくれて、いつでも味方になってくれる。
肩の力がすっと抜けるような、そんな存在。

「ようこそ、おかえり」と言って出迎えてくれたら嬉しいな。
「ただいま」と言って入りたくなる懐かしい建物。
そしておいしいポークとハーブのいいにおい。

オープンが楽しみです。

ムラカミインテリア様オーダー家具リーフレット

矢板市の家具屋さん「ムラカミインテリア」さんのオーダー家具パンフレットができました。
ムラカミインテリアさんといえば、県内・県外はじめ遠くから家具を求めて買いに来る、矢板市でも自慢の家具屋さん。

主に北海道産のナラ・カバ・クルミを使用し、まさにゼロから作り上げるオーダー家具。

ムラカミインテリア様

ムラカミインテリアさんの取扱い家具の中に、「熱い男」シリーズがあります。
ネーミングだけ聞いてみると、職人さんが「熱い男」なのだと感じますが、
実はもっと「熱い」のはムラカミインテリアのオーナーさんなのではないかな。

オーダー家具に使われる素材の産地が北海道であること、
そして職人さんも同じく北海道。
なぜ北海道なのかは、北海道には良い素材・職人が揃っていたから。
自らの足で、北海道という地を見つけてこられたのだそうです。

この独自の製造ルートの発端は、
ムラカミインテリアさんで描きおこす図面。
ひとりひとり、ひと家族ごとのために、描きおこす設計図。

それを立体化するために必要なのは、良質な素材と熱い職人なのでしょう。


いつもはウェブサイトという手に取ることのできないモノを作っていますが、
時々やらせていただく、「紙」のお仕事。
モノになって手に取れるって、うれしい。

ウェブサイトは見る画面によって色が変わったり、サイズによって見え方が違ってくるけど、紙は変わらない。
A4はA4のまま手に取れる。
こういう当たり前のことを実感できることが嬉しいと感じます。

モノづくりってやっぱりいい!
ムラカミインテリアさんは、家具というモノづくりから、きっともっともっと大きな充実感をお客様から頂いているのではないかな。


calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

selected entries

categories

archives

search this site.

others