エネルフォーレ50事業案内パンフレット

エネルフォーレ50、那珂川バイオマスの事業案内パンフレットができました。
A3サイズ、3つ折りです。

エネルフォーレ50パンフレット  
エネルフォーレ50とは、製材所を中心とした50km圏内を、林業と各産業、そしてバイオマス発電による電気と、熱エネルギーで独立した経済圏を創造する考え方。
このパンフレットには、発電所の仕組みや活用なども掲載しております。

この構想はすでに那珂川町で始動しています。
 

a.w.s様オフィシャルサイト

那須のシルバーアクセサリー手作り体験の、体験工房「和楽日」〜那須でシルバーアクセサリー手作り体験として直営店の紹介ページを先に公開しておりましたが、今回、a.w.s様のオフィシャルサイトができました。

a.w.s/アクセサリーの手作り体験・体験工房プロデュース・オーダーメイド通販

リカフェ

今回、ワンちゃんのネームプレートのオーダーメイド通販をスタートしています。
彫金でわんちゃんの名前や、電話番号などを刻印するものなのですが、小さくてとてもかわいく、
上品なワンちゃん向けアクセサリーです。
ワンちゃん関連の、ドッグサロン、ドッグカフェなどにおすすめです。

わたしも2頭のワンちゃんと一緒に暮らしていますが、サロンなどでこんなかわいいプレゼントを
もらっちゃったらどんなに嬉しいか・・・・
やはりノベルティーとしての利用が一番のおすすめですが、ワンちゃんオーナーさんと一緒に彫金体験をするのも楽しそうです。

リカフェ
ワンちゃんだけでなく、ワークショップのプロデュースもしていますので、
イベントや行事にショップをプロデュースしてくれることも可能です。

大人向けのアクセサリーや、シルバーリング、バングルなども手作りできる直営店もおすすめです。
 

RECAFE〜那須野が原ハーモニーホールのカフェ&セレクトショップ

那須野が原ハーモニーホールにオープンしたカフェ&セレクトショップ「リカフェ」のミニリーフレットです。
A6というミニサイズ。(↓の画像は縮小しています)
半分に折ってお財布に入れてもらいたいサイズです。

リカフェ
カフェではビジネス利用も歓迎していますので、
平日の打ち合わせなどにはもってこいです。
私もこちら方面での打合せに利用したい!!

チラシやパンフは、バッグの中でぐちゃぐちゃになってしまうこともありますが、
このサイズなら、半分にさっと折って財布にちょうど入るので私もすごく気に入っています。
特に女性向けの、今回のようなクーポン付のものは絶対に財布に入るサイズであってほしいのです。

今回は横に半分に折ってほしいデザインですが、縦に折るパターンも好きです。
手のひらサイズは便利です。

ハーブ&カフェFUTAMI様パンフレット

大田原市、与一の郷より南東の広い畑の奥、入口を大きな木に囲まれたカフェが
2015年8月2日にオープンします。

敷地内で育てているハーブと、近くの養豚場で育っている旨味たっぷりのポークが自慢のカフェ。
ログハウスまでの道のりは、まるでトトロが顔を出しそうな小路。

ハーブ&カフェFUTAMI

私が伺った時はオープン準備の真っ最中。
「試し撮りです」とちょっとだけ嘘をついて、ログハウスの中を撮らせていただきながら
オーナーのフタミさんのお話を伺いました。

そこで聞いた「一杯のお茶」の話。
そしてこのカフェに対する思いと
「こうありたい」という目標。

「おかえり、よく来たね」
「身体に気を付けるんだよ」
「あんまり頑張り過ぎないようにね」
「また顔見せてね」

思い浮かぶのは、おばあちゃんの懐かしい言葉。
いつもそこにいてくれて、いつでも味方になってくれる。
肩の力がすっと抜けるような、そんな存在。

「ようこそ、おかえり」と言って出迎えてくれたら嬉しいな。
「ただいま」と言って入りたくなる懐かしい建物。
そしておいしいポークとハーブのいいにおい。

オープンが楽しみです。

ムラカミインテリア様オーダー家具リーフレット

矢板市の家具屋さん「ムラカミインテリア」さんのオーダー家具パンフレットができました。
ムラカミインテリアさんといえば、県内・県外はじめ遠くから家具を求めて買いに来る、矢板市でも自慢の家具屋さん。

主に北海道産のナラ・カバ・クルミを使用し、まさにゼロから作り上げるオーダー家具。

ムラカミインテリア様

ムラカミインテリアさんの取扱い家具の中に、「熱い男」シリーズがあります。
ネーミングだけ聞いてみると、職人さんが「熱い男」なのだと感じますが、
実はもっと「熱い」のはムラカミインテリアのオーナーさんなのではないかな。

オーダー家具に使われる素材の産地が北海道であること、
そして職人さんも同じく北海道。
なぜ北海道なのかは、北海道には良い素材・職人が揃っていたから。
自らの足で、北海道という地を見つけてこられたのだそうです。

この独自の製造ルートの発端は、
ムラカミインテリアさんで描きおこす図面。
ひとりひとり、ひと家族ごとのために、描きおこす設計図。

それを立体化するために必要なのは、良質な素材と熱い職人なのでしょう。


いつもはウェブサイトという手に取ることのできないモノを作っていますが、
時々やらせていただく、「紙」のお仕事。
モノになって手に取れるって、うれしい。

ウェブサイトは見る画面によって色が変わったり、サイズによって見え方が違ってくるけど、紙は変わらない。
A4はA4のまま手に取れる。
こういう当たり前のことを実感できることが嬉しいと感じます。

モノづくりってやっぱりいい!
ムラカミインテリアさんは、家具というモノづくりから、きっともっともっと大きな充実感をお客様から頂いているのではないかな。

a.w.s様サービスメニュー

ナチュラルで少しワイルドな感じに仕上がって、デザイン制作段階からとても楽しかったパンフレットです。
ホテルエピナール那須の体験工房「和楽日」の手作りアクセサリーa.w.s様のサービスメニュー。

お待たせしている時間に、手に取ってみていただくためのものです。
これから何を手作りしようか、何を組み合わせようかとワクワクしてほしいと願いながら。

八方ヶ原観光情報誌

八方ヶ原観光情報誌

A4サイズを二つに折ったデザイン。
本ではない、1枚ものですが厚みのある本のデザイン。

アンケートにご協力をお願いします!

矢板市に住んでいながら、八方ヶ原に行ったのはこの時が初めてでした。

群生するツツジは背が低く、むこうの山、街まで全部見渡せる。
そして大間々駐車場は、この絶景のすぐそばにあり、↓の写真の場所までは車を降りて徒歩1〜2分。

そしてこの場所まで車で走ってくる途中にも、360度広がる景色。
聞いてはいましたが、やはりきれいでした。

ただ今、クリエイティブサーベイをお借りしてアンケートを実施しています。
八方ヶ原アンケート

八方ヶ原アンケート

アンケートは、八方ヶ原に限らず、「あなたの山遊びを教えて下さい」というテーマです。
山の景色も盛り込んでいます。
是非、ご協力ください。

四方八方絶景三昧∞八方ヶ原
このロゴ数字だらけ!
実はいろいろ意味があります。

株式会社 宇建様

矢板市にも事業所があり、レンタル重機といえば!というくらい馴染みのある宇建様。
工事現場ではよくお見かけしていました。

(株)宇建/建設・産業機械の総合レンタル&販売・修理

(株)宇建/建設・産業機械の総合レンタル&販売・修理

重機が向っているのは、そう、お菓子です。
カラフルなキャンディ、ジェリービンズ、マシュマロに・・・チョコのシリアル。
なんてステキな光景。
会社案内のページでは勢揃いしています。

(株)宇建/建設・産業機械の総合レンタル&販売・修理

サイト内で使用している素材は全てミニチュアの重機。

最初に宇建様にお伺いした時に、精巧にできたミニチュアを見せて頂いて、
「これをどうにか使いたい」と仰られた時、
ご担当の方と話しながら、漠然と
「ジェリービンズはどうでしょう」
とまたいつもの思い付きを口にしていまい、お菓子を使う方向になったのを覚えています。

重々しい重機を少しでも身近に感じてもらえるようにと、
実物ではなくミニチュアを使うことや、
この世界観を会社イメージとして採用して下さることなど、
斬新で「普通でいてはつまらない」という考え、とても勉強になりました。

(株)宇建/建設・産業機械の総合レンタル&販売・修理

重機をレンタルする際、仕様書がとても重要だそうです。
レンタルガイドのページでは、機種ごとの仕様書をPDFで見ることができます。
ここは、お客様ご自身で編集できる機能を付けています。

外出先で営業の方が利用されるケースも多くあるようですので、
モバイル版では、ハンバーガーメニューは採用せず、ページ上下に共通メニューを配置しています。

(株)宇建/建設・産業機械の総合レンタル&販売・修理 
撮影中のスタジオはあまーい香りがいっぱいでした。
普段甘いものは食べないのに、この香りに幸せな気持ちになるのはなぜでしょう。

見ているだけでも幸せになってほしい。

フォトジェニック サクラスタジオ様

5月15日、宇都宮市桜から豊郷台に移転オープンされたフォトジェニックサクラスタジオ様
新ドメインにて公開となりました。

フォトジェニック | 栃木県宇都宮市の写真スタジオ

フォトジェニック | 栃木県宇都宮市の写真スタジオ

写真の力、やはりすごいです。
1枚だけで、いろいろな感情・ストーリー・性格までも感じられる。
同じスタジオで撮影しても、みんな違う魅力。
まるでその場の空気まるごと写真に閉じ込めたようです。

私自身が母だからでしょうか、お子様のかわいい写真を見ていると
「この写真のこの顔を見て、何度 ”かわいい” と微笑んでしまうのだろうか」
なんて、家族の気持ちにも近づける気がします。

フォトジェニック | 栃木県宇都宮市の写真スタジオ

フォトジェニック様の キモチをカタチに という言葉。
たくさんの写真をみていると、どの写真にもこめられている「気持ち」。

何でもない日に、何でもない日常を写真にしてみたら、きっとすごくステキだと思います。

フォトジェニック | 栃木県宇都宮市の写真スタジオ
是非、スマホでも。

フォトジェニックサクラスタジオ様の新しいスタジオは、宇都宮市豊郷台。
アカチャンホンポのあるミュゼのすぐそば、豊郷台中央公園のお隣という理想的な場所。
少し上ると宇都宮美術館のある文化の森。
ロケも気軽にお願いできちゃいますね。

パパやママが撮る写真もステキだけど、
もっと素敵なのはカメラから子どもを覗く、幸せなパパやママの表情だったり。

子どもが大きくなったとき、幼い自分を見ていてくれた両親の顔を見られたら
すごく幸せになるかも。

パパママカメラじゃ、一緒に写真に写れない。
きっと、撮ってもらいたくなると思います。

塩谷郡市医師会様 第11回市民公開講座

第11回塩谷郡市医師会 市民公開講座「眼の病気を正しく理解しよう」〜加齢に伴う眼疾患〜
のポスター兼ご案内を制作させていただきました。

塩谷郡市医師会様

10月12日、高根沢町町民ホールで開催される、無料の公開講座です。
ミニコンサートのあとでの基調講演。

眼を駆使するお仕事の方などとくに、眼をいたわるいい機会になるかもしれません。
私も・・・日々こき使っています。


calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

selected entries

categories

archives

search this site.

others